司法書士の予備校は解答速報で決めるのが吉

解答速報がなぜ重要か

司法書士の試験においては解答速報が重要です。なぜ、解答速報が重要かと言うと、司法書士の試験は1日全部使って行われているからです。午前の部は筆記試験、午後の部は筆記試験+口述試験になっていて、範囲も違うので対策が重要です。しかし、もし不合格だった場合は試験範囲が広い司法書士の試験においてはまた来年の試験に向けて対策をはじめることが重要になってきます。より早く解答速報を知ることで合格に差が出てくるのです。解答速報をすぐ確認できる予備校を選びましょう。

独学で合格できるかについて

まず、どのくらいの人が独学で司法書士試験に合格しているのでしょう。全体の合格者のうち、約10%が独学での合格者と言われています。そのくらい難しいということです。まず、膨大な範囲を一つ一つ理解していき、過去問を解いていくという流れになりますが、過去問を100%理解して正答できるようになっていても、厳しいというのが現状のようです。また、問題を解いて覚えるだけでなく、応用力をつけていかなければいけません。記述式の問題もありますので、どんな問題でも覚えた知識を正確に表現できる力が必要になります。

司法書士に合格するには根気がいる

司法書士試験に合格するためには相当な根気が必要です。一度不合格になってしまったとしても諦めないで勉強を続けることで理解が深まっていくでしょう。不合格をバネにしたという人が合格する傾向にありますので、一度落ちてしまったとしても落ち込まずに、できなかったところを確実にできるような学習方法を考えましょう。予備校の講座であっても最初のうちは法律用語も知らないので、難しいかもしれません。それでも一つ一つ調べて理解する根気があった人こそが司法書士試験に合格しています。テキストをそのまま覚えるのではなく、内容を理解することが重要です。

司法書士の素朴なギモンQ&A

司法書士ってどんな仕事?

法律に関する書類を作ったり、手続きを個人や企業の代わりにする仕事です。

具体的にどんなことをしているの?

基本的に書類を作成するお仕事です。主な業務として登記というものがあります。

登記って何?

登記とは不動産や会社などの権利を社会に公表するための制度で、登記は司法書士でなければ扱うことができません。

広告募集中